弁護士の仕事…

  • 弁護士とは

 

弁護士とは

弁護士とは、さまざまなトラブルに対し、法的手段によってトラブルの当事者の代理人になったり、事件の被告人となった人の弁護人として裁判の場で被告人に代わって主張や弁護をしたりする、言わば法律のプロフェッショナルです。

私たちの日常生活で起きるいろいろな問題に対して弁護や代行、解決をしてくれます。

弁護士の仕事はたいへんに幅が広く、また解決の難しい複雑な問題や、訴訟など期間が長期に渡るもの、人命に関わるものなどさまざまです。弁護士が扱う仕事は法律的な観点から、大きく民事事件と刑事事件に分けられます。

●民事事件

民事事件とは普段の生活の中で起るトラブルです。金銭の貸借、相続問題、離婚、不動産の賃貸権、交通事故、医療過誤、住宅の欠陥など多岐に渡りますが、こうしたトラブルにおいて弁護士は、法律相談、和解や示談の交渉、訴訟、不服申立てなどの法律的な事務業務を行います。こうした民間のトラブルは当事者同士ではなかなか解決が付かず、それどころか悪化したり、一方の立場の人だけが泣き寝入りを強いられることになったりしがちです。そこで弁護士は依頼人の立場に立ち、法律的な根拠を元に解決を導きます。

●刑事事件

刑事事件では、弁護士は犯罪を犯し、被疑者・被告人となった人に対する弁護活動をします。なぜこのような人の弁護をするかと言うと、こうした事件では「えん罪」と言って往々にして無実の人が罰を受ける場合があるからです。弁護する人間がいないと、充分な捜査や証言などの証拠も無いまま有罪となってしまいやすくなります。弁護士はこうした過ちを防ぐために、被告人の立場から意見を述べたり証拠を提出したりして、正当な判決が導かれるようにします。





LINK