弁護士の仕事…

  • 借金と弁護士・個人再生

 

借金と弁護士・個人再生

個人民事再生(個人再生)は、多重債務者に陥った人が、裁判所を介して債務額を大幅に減額し、基本的に3年間で残金を完済し、残債に関しては免除されるという制度です。裁判所を介す点など、一見自己破産と同様の印象を受けますが、個人再生で特徴的なのは減額されるべき債務から、住宅ローンのみが除かれる点です(ただし債務総額が5000万円まで)。債務は大幅に減らしたいがマイホームは維持したいと言う場合に好んで用いられます。 個人再生では自己破産同様、裁判所での厳格な手続きを経ます。ただし自己破産と違い全ての債務が無くなるわけではなく、大幅に減額されても支払いの義務そのものは残るため、適応にあたってはいくつかの要件をクリアしなければなりません。

●破産の恐れがあること。

●住宅ローン以外の債務総額が5000万円以下であること。

●再生計画に基づく支払い能力があること。 これらのうち最も重要なのは、最後の支払い能力に関してです。失業中や収入が不安定な場合では許可が下りにくくなります。

個人再生のメリットは、債務額の大幅な減額(最大で5分の1)が見込めることと、マイホームが残せることです。また自己破産の免責の場合と違ってギャンブルなどによる多重債務の場合でも利用が可能です。 デメリットとしては、ローンやクレジットカードがしばらく使用できないことと、裁判所を通すため予納金が必要になること、また個人での手続きが難しくなるため基本的に弁護士などに依頼することとなり、その費用がかかることです。





LINK