弁護士の仕事…

  • 借金と弁護士・特定調停

 

借金と弁護士・特定調停

特定調停とは裁判所が介入する民事調停の一つで、多重債務者と債権者との間に裁判所が入って話し合いを進める方法です。

特定調停では元金について利息制限法によるひき直し計算法の適用で、債務の大幅な減額が期待できます。場合によっては過払い金が戻ってくる場合がありますが、その際には別に過払い金返還請求訴訟が必要になります。また合意後の返済については基本的に利息はかかりません。

特定調停では個人再生同様、減額はされても返済は続けるわけですから債務者に対しいくつかの要因が求められます。

●定期的な収入があること。

●支払いの意思を持っていること。

定期的な収入のあることが原則となるため、失業者などの場合では特定調停を受けられない場合があります。

特定調停のメリットとしては、債務が大幅に減額されること。整理する債務を選択できるため住宅ローンなどは避けることができます。費用が安いこと。裁判所に納める印紙代などは比較的安価で済み、他の債務整理に比べて費用がかかりません。

またデメリットは、ローンやクレジットカードが長期に渡る使用不能になる。労力がかかる。費用は比較的安く済みますが裁判所には本人が出頭しなければならないため時間や労力が必要です。また特定調停の手続きのために用意しなければならない書類の作成は煩雑です。過払い金返還請求訴訟となった場合は自分自身で手続きを行うことにもなります。非常に煩雑な手続きとなるため弁護士などの専門家に依頼した方が良いでしょう。





LINK