弁護士の仕事…

  • 交通事故と弁護士

 

交通事故と弁護士

通常の生活を送っていて最も遭遇する可能性の大きい事故の代表は交通事故です。ここでは実際に交通事故の被害者になってしまったと仮定して、最低限知っておくべき法律的な処置について考えてみます。 事故にあった場合はだれしも被害者意識が強く、被害者である自分が自ら損害賠償の手続きをしなければならないと聞くと違和感を感じる方もいるかも知れません。

もちろんけがや損傷の程度によっては自分で損害賠償の問題に乗り出せない場合も多くありますが、通常交通事故の加害者任せに損害を賠償してもらっていてはほとんどの場合は保険会社の言いなりに提示されたままの支払いを受けてしまうことになってしまいます。

交通事故の被害者になること自体滅多に無いことですから保険会社からそれなりの説明を受けた上で示談金を提示されるとたいていの人はそれで納得してしまうものなのです。 交通事故の被害者となって心身共に苦境に立たされた場合に、交通事故の本を買って来てにわかに正当な損害賠償金を調べようなどと考えても、相手は百戦錬磨の保険担当者です。最初から勝ち目は無いと言ってもいいでしょう。 こうした場合にはやはりこちらも交通事故を専門とする弁護士などの専門家に相談して自分の最大限の権利を守ってもらうと言うのが最も現実的で確実な方法です。

実際のデータでは交通事故が発生した場合の解決法としては「当事者との示談」を取ると言うのが最も多く、実に事故全体の95%を占めています。示談でうまく行かないケースに関しては交通事故紛争処理センターや最終手段として裁判となります。いずれの場合においても最大限度の被害者の利益を確保するには交通事故を専門とする弁護士などに相談すると言うのが結局は確実な方法なのです。





LINK