弁護士の仕事…

  • ストーカー・いやがらせ行為と弁護士

 

ストーカー・いやがらせ行為と弁護士

実際にいやがらせやストーカー行為を受けていても、すぐに弁護士に相談しようと考える人はなかなかいないと思います。第三者の眼にも明らかなような損害や損傷などが無い限りは「弁護士に相談するほどの問題ではない」とついつい思い込んでしまいます。

できることなら穏便に解決して欲しい。時間が解決してくれる。などと考えひとまず周囲の人間に相談したりはしてみるのですがいっこうに解決せず、それどころか迷惑な行為がエスカレートし、かといって明らかな犯罪と言うまでにはいたって無いので警察では相手にしてくれない。それくらいの時点で初めて弁護士に相談しようと言うことになるわけです。

いやがらせやストーカーと言った行為は明らかに法律に違反しているレベルなら、その行為を止めさせたり罰則を科することができますが、行為によってはそのような規定が無いものもあり、その場合は弁護士を通して交渉することの抑止力が最も期待できる効果となります。 ストーカーにしてもいやがらせにしても、それを受けた被害者が精神的な苦痛を感じ、日常生活や仕事に支障をきたした場合などは損害賠償を求めることができますが、いずれの場合においてもいやがらせやストーカー行為のあることを実証し、そのために被った損害との因果関係は被害者側が立証しなければなりません。 たんなるいやがらせやストーカー行為が殺人など最悪の自体に発展する場合もあり、早急に弁護士などに相談することが必要です。





LINK