弁護士の仕事…

  • 医療過誤と弁護士

 

医療過誤と弁護士

医療の場におけるトラブル、いわゆる医療過誤に関する訴訟は年々増加する一方です。その理由としては医師不足や医療上のミス、経験不足などの医療体制自体に原因がある場合に加えて、こうした問題に対する人々の関心そのものが高まって来ていることも背景の一つとなっています。医者がやるべきことを怠った、あるいはすべきではないことをしたことによる結果は、人の命が失われたり、重大な障害が残ったりといった取り返しのつかない事態を招きます。

また医療過誤に関する事件は、経験豊かな弁護士にとっても最も困難な分野の一つです。その理由は訴訟のポイントとなる過失を証明するためには高度な医学的知識が必要となることと併せて、医療機関側から証言を取るにも医療界の閉鎖的な仲間意識に阻まれて、有力な証拠を揃えることが往々にして困難となるためです。カルテの開示の問題一つを見てみても、現在は医師の自由意志に委ねられているのが現実です。状況によっては思うような調査が進まないことが多く、また解決までに要する期間も、他のどのような事件よりも時間がかかることが多くなります。

遺族や関係者で医療過誤の疑いを持った場合には、とにかく専門の弁護士に一刻も早く相談することが何よりも重要です。迅速な対応は医師側に対してカルテの改ざんなどの機会を与えないためや、また時間の経過とともに失われていく証拠や証言を集めるためにも重要なことです。また弁護士に相談する際には、時系列で起こったことや内容、医師の発言などを細大漏らさず記録しておくことが後々大変役に立ちます。また家族を失ったような場合でも、弁護士を介さない状態で、医師などに対して感情的な態度を取ることは控えなければなりません。こうしたことは逆に医師側に危機感を募らせるだけで、患者側に取っては不利な事態を招いてしまいます。

一般的に、弁護士に依頼すると膨大な費用がかかると思われがちですが 、相談だけならそれほどの費用も発生しません。また訴訟となった場合の費用などについても情報を提供してもらえます。





LINK