弁護士の仕事…

  • 刑事事件と弁護士・公判

 

刑事事件と弁護士・公判

刑事事件で身柄を勾留されると、検察官は勾留期限が切れる前に被疑者を起訴するかどうかを決めなくてはなりません。起訴とは公判の提起となるもので検察官が被疑者の処置を求めて訴訟を起こすことです。

起訴された場合は、被疑者は被告人と呼ばれることになります。

弁護士を依頼する場合はこうした最初の逮捕や勾留の段階に依頼すると言うことが非常に重要になります。逮捕・勾留された場合、最大でその日数は23日間にも及びます。連日の取り調べで被疑者は心身共に強いダメージを受けます。弁護士は選任された時点から被疑者の見方となり、様々にサポートしながら、家族との連絡係となったり、取り調べの公平を実現できるように働きかけたりします。また保釈請求を望む場合にも適格な判断を下すことができるようになります。

逮捕・勾留の時点から弁護士が選任されていると、後に続く裁判に対して充分な準備期間を得ることができます。起訴後1〜2ヶ月後に最初の裁判が行われます。裁判ではまず起訴された内容に間違いがないかを確認します。その後検察官による証拠調べが行われ、一通り終わると弁護士の番となります。無罪を主張するならそのことを、また有罪であることは認めているなら少しでも罪が軽くなるように証拠出しをして行きます。基本的な証拠調べが終わると検察官、弁護士が順に主張述べて行きます。

複雑な事件でなければ2〜3ヶ月程度で結審しますが、重大事件では何年間もかかる場合もあります。





LINK