弁護士の仕事…

  • 弁護士と法律相談

 

弁護士と法律相談

人が何か悩みを抱えている場合、自分一人の頭の中であれこれ思い悩まずに、それが例えば身体の異状なら医者に、税金などのことなら税理士に相談するように、法律上の悩みであれば弁護士にといった専門家に相談するのが解決の早道です。また現状ではあからさまなトラブルや、 事件になっていなくとも、近い将来そうなる不安や懸念がある時には、まずは弁護士に気軽に相談してみましょう。

法律相談と聞くと何か大変な犯罪や事件の時にだけ必要な、通常の生活とはあまりにもかけ離れたことのように思いがちですが、けっしてそのようなことはありません。実際法律事務所に寄せられる相談は、借金の問題であったり、男女間の問題、あるいは職場での様々なハラスメントに関するものなど、その内容は意外なほど身近で、誰にでも起こりうるような内容がほとんどを占めています。逆に言えばこうした問題と全く無縁に生活できている人の方がずっと少ないのかも知れません。

日常生活を脅かすものや不安の根源となるものは、全て法律相談の対象になると言っても良いかも知れません。自分では気付かなくても専門家が話を聞くとそこに法律上の重大な問題が含まれている場合も多くあります。また専門家の客観的な判断をあおぐだけで事の見方が変わり、考えの筋道が見つかる事も良くあります。

たいていの場合、各法律事務所の行う法律相談は有料です。電話であっても、メールや直接の面談であっても要した時間に応じた相談料を払わなければなりません。しかし法律のように極端に専門的な分野に関して相談すると言う事は、弁護士が何十年もかけて習得した知識や判断を利用すると言う事です。物品のように形のないサービスなので分かりにくいかも知れませんが、逆に物品などでは得られないはるかに貴重な収穫がもたらされることが多いのです。





LINK