弁護士の仕事…

  • 弁護士と報酬

 

弁護士と報酬

「弁護士に相談したいがいくらぐらい費用がかかるのかさっぱり分からない。推測できるのは決して安くはないと言うことだけ。」弁護士の報酬に関しては良くこういった言う話を聞きます。まず通常に生活をしていれば弁護士との接点がほとんど無いと言うことも理由の一つですが、例えば医療の世界における診療報酬のように明確な報酬のラインが無いと言うことが、そう言った不安をいっそう大きなものにしています。以前は日弁連からおおよその弁護士報酬に関するガイドラインが出されていましたが、数年前から基本的に弁護士報酬は自由請求となっています。

弁護士報酬の内容は次の3つからなります。

●着手金

仕事を依頼するにあたって必ず支払うことになる費用です。相談事の正否に関係ありません。

●成功報酬金

依頼した件が成功した場合にのみ支払う費用です。当然うまくいかなかったり、裁判などで負けたりした時には支払う必要はありません。ただし一部成功という微妙な場合などには、ある程度交渉をした後、報酬額を決める場合もあります。

●日当・実費

弁護士の活動には様々な経費がかかってきます。手続き上必要となった印紙代、記録謄写費用、保証金、鑑定料。また出張などを要する場合には当然宿泊費用や交通費も発生します。様々な書類の作成や登記、登録などの事務手続きには各々の手数料がかかります。法律相談料に関しても時間制になっている場合がほとんどですが、最初1回のみ無料と言う場合もあります。

ごく大ざっぱな費用としては、

●交通事故

着手金:40〜50万円、成功報酬:100万円前後

●離婚

着手金:20〜30万円、成功報酬:20〜30万円

●個人破産

着手金:20=30万円、成功報酬:0〜20万円

などと言ったところが目安となるでしょう。





LINK